著者・作曲者プロフィール

※五十音順


 

石井 亨

国立音楽大学名誉教授。
全日本リトミック音楽教育研究会常任理事ほかリトミック音楽教育研究所所長、リトミック・アカデミー講師などを務め、リトミック音楽教育の全国的指導者としての重責を担っている。

たのしいリトミック1』(共著)
『たのしいリトミック2』(共著)
たのしいリトミック3』(共著)
『みんなでまなぼうリトミック』(監修)
リズムであそぼう』(監修)
リズムであそぼう2』(監修)
『混声合唱組曲 嫁ぐ日』
『石井亨歌曲集 桜の咲く季節の中で


 

石田 純雄

国立音楽大学作曲学科卒業。
元国立音楽大学助教授。作品に『ピアノのための二つの小曲 現代ピアノ曲集』(春秋社)、『混声合唱曲集 四季の花』(全音楽譜出版社)、『フルートのための日本の歌 こん平船々、ひえつき節(編曲)』(JAPAN FLUTE CLUB)等。

『女声合唱曲集 五月の恋人』(作曲)
対位法《基礎と実習》』


 

伊藤 謙一郎

1968年東京生まれ。1989年尚美学園短期大学音楽学科ピアノ専攻卒業、1994年国立音楽大学作曲学科卒業、2001年韓国・国立ソウル大学校音楽大学大学院作曲科修了。
1996年「第1回東京国際室内楽作曲コンクール」第3位入賞、「第13回現音作曲新人賞」入選。1997年「'97大田現代音楽祭」(韓国)公募入選。
東京工科大学片柳研究所研究員を経て、東京工科大学メディア学部准教授。

『ソルフェージュのための聴音1』(共著)
ソルフェージュのための聴音2』(共著)


 

岩本 渡

愛知県立芸術大学音楽学部作曲専攻および同大学院修了。
第50回日本音楽コンクール作曲部門第1位。「愛・地球博」EXPOドーム映像コンテンツの音楽や劇場版アニメ「ボトムズ・ファインダー」のサウンド・トラックを作曲。
ギリ シャ・アテネで開催されたICMC-SMC2014で、マリンバとエレクトロニクスの作品が選出、演奏された。
名古屋芸術大学教授、愛知県立芸術大学非常勤講師。

和音分析の基礎 I


 

江崎 正剛

熊本県生まれ。国立音楽大学卒業後、ニューヨーク・ダルクローズ音楽学校へ留学。ダルクローズ・メソード(リトミック)国際正免許状を授与される。
国立音楽大学名誉教授。全日本リトミック音楽教育研究会常任理事、リトミック音楽教育研究所副所長、リトミックアカデミー講師などを務め、リトミック教育の全国的な指導者として活躍している。

たのしいリトミック1』(共著)
『たのしいリトミック2』(共著)
たのしいリトミック3』(共著)
みんなでまなぼうリトミック』(監修)
『キーボード・ハーモニーによる即興演奏』(訳)


 

かきもと よりこ

柿本因子。広島県生まれ。国立音楽大学教育音楽学科卒業。比治山大学短期大学部教授、広島大学教育学部講師を経て、現在、エリザベト音楽大学教授として教鞭をとるかたわら、全日本リトミック音楽教育研究会、副会長・広島支部長としても活躍中。保育の現場においても多彩な活動を展開している。

『みんなでたのしく123』


 

川口 千代

東京教育大学体育学専攻科修了。東京教育大学助教授、筑波大学教授、千葉大学教授、京都女子大学教授を経て、筑波大学名誉教授。財団法人松山バレエ団・平静14年度(第13回)顕彰表彰「教育賞」受賞。

表現の文化と教育


 

神原 雅之

昭和27年、広島県生まれ。国立音楽大学教育音楽学科第II類(リトミック専攻)卒業、広島大学大学院学校教育研究科修了(教育学修士)。
国立音楽大学教授・副学長、広島音楽アカデミー顧問ほか。日本ダルクローズ音楽教育学会理事、日本保育学会会員ほか。公民館等の幼児教育講座や、幼稚園・保育園などでの親子教室、リトミック教育などの講師として活躍中。

『創作オペレッタ ねずみの国のぼうけん ぼくらは未来の探検隊』(監修)
『音楽の理論 《実践的アプローチのすすめ》』(共訳)
『元気いっぱい笑顔いっぱいの幼児教育 子どもからの贈りもの』


 

小林 公江

東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。同大学院音楽研究科音楽学専攻修士課程修了。大阪女子短期大学、天理大学を経て、現在、京都女子大学教授。専門は音楽学(日本の民俗音楽)。

音楽のリテラシー』(共著)
表現の文化と教育


 

坂本 真理子

東京都出身。国立音楽大学教育音楽学科(リトミック専修)卒業。
リトミック音楽教室「子供の庭」主宰。
NHK文化センター(青山教室)「教師のためのリトミック」講座講師を務める。元昭和音楽大学付属リトミック教室主任。
1999~2002年、NHK教育テレビ(学校放送)でリトミックを担当、リトミックで使用する音楽の作詞作曲、番組制作委員を務める。また、『学校放送』(NHK出版)に自作曲を多数発表してきた(全学年:平成11年度1学期~平成14年度3学期)。

こんにちは! リトミック
こんにちは! リトミック さあ はじめよう
歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ


 

佐々木 茂

国立音楽大学作曲学科卒業。
北海道教育大学函館校教授。歌曲、合唱曲を中心に作曲家として活躍。

『混声合唱組曲 野の季節』(作曲)
音楽的展開をめざす 8小節の 旋律聴音』(共著)


 

すがの とよみ

菅野豊美。山形県出身。武蔵野音楽大学音楽学部声楽科卒業。
リトミック音楽教育研究所修了。リトミック指導者上級免許所持。全日本リトミック音楽教育研究会常任理事、山形支部支部長。山形リトミックアカデミー:ハーモニーハウス主宰。
NHK文化センター宮城(仙台、泉)、山形(庄内、山形)の4教室でのリトミック講師をはじめ、各地でリトミックの講師を務める。
また、音楽とお話、動きと造形のハーモニー「サウンドストーリー」をプロデュース。各地で公演を行う。
1992年べにばな国体開会式集団演技・リトミックマスゲーム幼児の部の企画・構成・演出・演技指導・音楽を担当。

La・La・Laリトミック あそびうたがいっぱい みんなであそぼう 1』(新装版)
『La・La・Laリトミック あそびうたがいっぱい 夏のさんぽ 1』
『La・La・Laリトミック あそびうたがいっぱい みんなであそぼう 2』


 

杉本 明

東京都生まれ。国立音楽大学教育音楽学科(リトミック)卒業。
1985年第28回リトミック国際大会に参加、各ワークショップの発表において二台ピアノの即興演奏部門で選抜され演奏。1979年~1992年国立音楽大学附属小学校教諭。2000年3月および2001年10月には二台ピアノによる即興演奏リサイタルに出演。
現在、特定非営利活動法人リトミック研究センター理事、同研究室副室長、同付属教員養成校講師、同東京第一支局支局長・チーフ指導者。白百合女子大学講師。即興演奏研究サークル「Research of Improvisation and Music」主宰。音楽と動きの研究サークル「ASER」主宰。 ほか、全国各地でリトミックおよび即興演奏のレクチャーを数多く行っている。

『キーボードでおさんぽ 1』(共著)
『キーボードでおさんぽ 2』(共著)
これからはじめる即興演奏』(共著)


 

鈴木 一真

1968年東京生まれ。1991年国立音楽大学作曲学科卒業、1994年同大学大学院音楽研究科作曲(音楽理論)専攻修了。
東京コンセルヴァトアール尚美講師を経て、茨城県立取手松陽高等学校音楽科非常勤講師、小崎音楽教室「TONICA」講師を務める。
日本作曲家協議会会員、日本音楽教育学会会員、作曲家集団「SANAKAS」同人。

『ソルフェージュのための聴音1』(共著)
ソルフェージュのための聴音2』(共著)


 

高橋 紀明

佐賀県生まれ。国立音楽大学付属音楽高等学校作曲科、国立音楽大学作曲科卒業。尚美高等音楽学院講師・佐賀女子短期大学教授を歴任。九州作曲家協会会員、日本作曲家協議会会員。
1998年11月死去。

たのしいソルフェージュ 1』(共著)
たのしいソルフェージュ 2』(共著)
たのしいソルフェージュ 3』(共著)
『たのしいソルフェージュ 4』(共著)
『たのしいソルフェージュ 5』(共著)
『保育のための鍵盤和声実習講座』


 

田中 範康(田中 剛)

東京都生まれ。国立音楽大学付属高校を経て国立音楽大学作曲学科並びに器楽学科(オルガン)卒。
名古屋芸術大学教授・副学長。日本現代音楽協会、日本作曲家協議会、日露音楽家協会会員。数多くの現代的な楽曲を発表する作曲家として活躍。日本のみならず、ヨーロッパ、韓国等で作品を発表し、各方面のアーティストと連携した音楽活動を精力的に行っている。

たのしいソルフェージュ 1』(共著)
たのしいソルフェージュ 2』(共著)
たのしいソルフェージュ 3』(共著)
『たのしいソルフェージュ 4』(共著)
『たのしいソルフェージュ 5』(共著)
和音分析の基礎 I 』(共著)


 

田村 朋子

清泉女子大学文学部専任講師。専門は英語教育学。
児童英語や小学校英語教育をテーマとした研究、リトミックを活用した児童向けの英語教材開発、大学生向けの英語教科書の執筆などの活動を行っている。
米国ボストン大学大学院修了・教育学修士。米国ロンジー音楽院にてDalcroze Certificate取得。

歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ


 

永柴 義昭

日本の少年合唱の草分け的存在である広島少年合唱隊の創設、指導を行うとともに、数々の児童合唱曲やオペレッタ作品を発表。子どもたちの音楽教育に尽力してきた。広島市内の小学校長、幼稚園長、広島市私立幼稚園協会理事、広島県小学校音楽教育研究会会長などを歴任。

『創作オペレッタ ねずみの国のぼうけん ぼくらは未来の探検隊』


 

中島 良史

国立音楽大学作曲学科卒業。
元国立音楽大学助教授。作曲家、指揮者、コンサート・プロデューサーとして、多方面で活躍している。
「第九」指揮(1990年・ポーランド)、市政700年記念祭(1994年・チェコ)での指揮など、海外活動も積極的に行い、国際音楽祭「ヤング・プラハ」実行委員会日本支部代表として精力的な活動を続けている。

『スキャットによる女声二部合唱 四季』(編曲)


 

永野 光浩

国立音楽大学作曲学科卒業。
鹿島建設オフィスビル用環境音楽を手掛ける一方、永野音楽研究所を設立し、リラクセーションCDを数多く発表している。そういったフィールドから「音楽」と「心の問題」に常に関心を持ち、自作曲にそれを問いながら創作活動を続けている。
こども向けの音楽も多数あり、『はじめてのドレミ』(キングレコード)では、音感をこどもが楽しみながら身につける音楽を作って話題となっている。
これまでに100枚を超えるCDをリリースしている。

リズムであそぼう』(音楽)
リズムであそぼう 2』(音楽)


 

中村 佐和子

長崎県生まれ。活水女子短期大学音楽科卒業。国立音楽大学作曲科卒業。同大学大学院専攻科修了。1965年日本音楽コンクール作曲部門第1位。バッハ研究会主宰、国立音楽大学元教授。作品に『おもちゃの兵隊』(カワイ楽譜)、『かぶとむしがきょうだいで・Bachへの手紙』(春秋社)、『ピノキオ・野をわたる風』(チョスカンパニー)など。

『ピアノであそぶ音楽1 まほうのピアノ』
『ピアノであそぶ音楽2 赤いやね』


 

難波 正明

東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。岡山大学大学院教育学研究科音楽教育専攻修了。就実短期大学を経て、現在、京都女子大学教授。専門は音楽教育。ピアノ、チェンバロにて室内楽や伴奏などの演奏活動を行う。
著書・訳書に『音楽的成長と発達』(共訳:渓水社)など。

音楽のリテラシー』(共著)
表現の文化と教育


 

野上 俊之

国立音楽大学音楽学部教育音楽学科第II類卒業。同大学大学院音楽研究科音楽教育専攻修了。
現在、比治山大学短期大学部助教授。著書に『ダルクローズ教育法によるリトミック・コーナー』(チャイルド本社)、『音楽リズムのためのピアノ奏法』(学術図書出版)他。

『音楽の理論《実践的アプローチのすすめ》』(共訳)


 

花村 光浩

1936年、東京生まれ。
1959年、第28回毎日音楽コンクール作曲部門、第二部室内楽において第一位入賞。
国立音楽大学名誉教授。日本作曲家協議会会員。

オルガンのための小品《彩り》


 

秀村 冠一

東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。
同大学院音楽研究科音楽学専攻修士課程修了。京都女子大学教授。専門は音楽学(西洋音楽史)。

音楽のリテラシー』(共著)


 

馬淵 明彦

石川県生まれ。国立音楽大学教育音楽学科(リトミック)卒業。
1978年ジュネーブ・ジャック=ダルクローズ学院留学。1980年リトミック教育指導者ライセンス、翌年同ディプロマを取得して卒業。1992年よりジュネーブにおけるリトミック国際大会講師を、2003年より台湾でのリトミック国際セミナーの講師を務める。1999年~2002年日本ジャック=ダルクローズ協会会長。
国立音楽大学講師、全日本リトミック音楽教育研究会常任理事および本部指導講師。
リトミック指導者研究会「アトリエ・ドゥ・ジャック」主宰。NHKラジオ高校講座・音楽 I「楽しくうたおう」を担当し出演。Studio Jaques代表。ジャック=ダルクローズ作品研究会代表。日本全国はもちろん、海外でもリトミックおよび即興演奏のレクチャーを数多く行っている。

『キーボードでおさんぽ 1』(共著)
『キーボードでおさんぽ 2』(共著)
これからはじめる即興演奏』(共著)
子どもの指導のための小品集』(著)


 

溝上 日出夫

福岡県生まれ。国立音楽大学付属高校を経て国立音楽大学作曲学科卒、同専攻科修了。元国立音楽大学教授。数多くの歌曲・童謡を発表する作曲家としても著名だが、リトミック音楽教育研究所所長、全日本リトミック音楽教育研究会常任理事などを歴任し、リトミック音楽教育の全国的指導者として活動を続けた。
2002年1月15日、死去。

たのしいソルフェージュ 1』(共著)
たのしいソルフェージュ 2』(共著)
たのしいソルフェージュ 3』(共著)
『たのしいソルフェージュ 4』(共著)
『たのしいソルフェージュ 5』(共著)
12の混声合唱叙情小曲集
SONATINE(ソナチネ)
『雲中供養菩薩楽』


 

柳田 憲一

1966年静岡生まれ。1989年国立音楽大学作曲学科卒業、1992年同大学大学院音楽研究科作曲(音楽理論)専攻修了。
東京女子体育短期大学講師、東京工科大学メディア学部非常勤講師、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校非常勤講師等を経て、東京女子体育大学教授。
日本音楽教育学会、日本音楽学会会員。

『ソルフェージュのための聴音1』(共著)
ソルフェージュのための聴音2』(共著)