歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ アーカイブ

※このページは、『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』の試し読み見本、視聴、著者のコメントをまとめたアーカイブページです。

目次や解説、在庫はこちらをご覧ください
→「BOOKS * Obra Publication


 

『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』

田村朋子作詞・指導案 坂本真理子作曲

(2012年7月20日)
A4判・40ページ
定価(1800円+税)
ISBN 978-4-915964-35-0 C3037
【CD・イラストカード付き】

 

★見本(PDF)

★曲の視聴(QuickTime)

  • Good-bye/グッバイ  

 

  • Months /12カ月  

 

  • Halloween/ハロウィン  

★動画(Youtube)

  • Children in the World/世界中の子どもたち
    作曲者の友人ARZANSさんが「Children in the World」録音時のメイキング映像を作ってくださいました!

  • Let's Make a Shape/形を作りましょう
    「Let' Make a Shape」の遊び方 を公開しました!

 


 

『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』ブログ アーカイブ
(2012.10.10~2013.9.25)

◎小学校英語活動指導法 ワークショップ(大阪)[2013.9.29開催]  2013.9.25

英語活動を担当している小学校教師・英語講師の方や、 英語の歌やリズムを用いた指導法を学びたい方に向けて、 リトミックを応用した英語アクティビティのワークショップ(大阪)の ご案内です。

明日からの指導に活きる、ホットでたのしいアクティビティを用意して お待ちしています。

『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』掲載の曲の遊び方もくわしく ご紹介します!

当日申込でも参加できますので、気軽にお問い合わせください。

*******************************

日時:2013年9月29日 (日)  14時~16時
受講費: 3,000円(資料代含む )予約制
定員:30名
場所:「アネックスパル 法円坂」
大阪市中央区法円坂1-1-35
(JR 環状線 又は地下鉄 中央線、「森ノ宮駅」、谷町線「谷町4丁目駅」)
講師:田村朋子
後援:一般財団法人大阪市教員会館 大阪ユネスコ協会

主催:JOY英語企画(大阪市東成区中道3-9-27-606)

★お問い合わせ・申込み:
JOY英語企画
http://joyeigo.com
TEL/FAX 06-6975-9910
info@joyeigo.com

(田村 朋子)

◎『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』読者の感想2  2013.3.1

3月に入り少しずつ春を感じられる季節になってきましたね。
先生方も4月からの授業やレッスンをスムーズに始められるように 準備を進めているのではないでしょうか?

はじめての英語で緊張気味の子どもたちも、楽しく活動できる
「子どものための英語教材」『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』。

今回も実際にテキストを使用している先生にお話を伺ってみました。

-------------------------------------------

私の英語のレッスンは、少人数で行っています。
坂本先生の曲は楽しく、子どもたちもすぐにおぼえて口ずさんでくれるので、
英語のレッスンを進めるのにとても助かっています。

昨年は小学校2年生の英語のレッスンで、ハロウィンの時期に
「ハロウィン」Halloween/ハロウィンのアクティビティを行いました。
お菓子の単語は事前にクラスで何度も勉強し覚えておきます。
そして、歌と動きを覚えました。

その後シナリオの部分で、はじめに覚えておいたお菓子のカードを使います。
シナリオ通り家を訪ねてきて、その家の人(生徒)が
カードにあるお菓子とヘビのどちらが欲しいか聞きます。
答えられたらカードをもらえます。
最後に本物のお菓子を使い、うまく言えたらそのお菓子をあげます。
巻末カード以外のお菓子カードも用意し、楽しいハロウィンを過ごしました。

他にも「形を作ろう」Let's Make a Shape/形を作りましょうの
アクティビティも行いました。
まず、巻末カードを使って形の単語を覚えます。
実際に子ども同士の身体で形を作ったり、ゴムを使って形を作るので
楽しく覚えることができます。
最後に歌と動きを覚えて、CDに合わせて練習しました。

(杉井美晴)

◎楽しかったです♪『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』読者の感想 2013.2.3

1月も終わり、春が待ち遠しい2月になりました。

さて、そろそろ先生方も4月からの授業やレッスンに向けて
「子どものための英語教材」を探しはじめるのではないでしょうか?

『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』を使ってみたいけど、
どんな本なの? どんなふうに活用しているの? 子ども達の反応は?などの疑問にお答えして、
実際に現場で使ってくださっている先生に、話を伺ってみました♪

-------------------------------------------

大好きな坂本真理子先生の曲がたくさんつまっている
『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』。
私は、英語を教えることはできませんので、
リトミック指導として、英語を使ったリズムを
子ども達に楽しく体感してもらうことを目的とし、
使用させていただきました。

10月、月に一度行く保育園年中児さんのリトミック指導に、
簡単なピアノ伴奏で歌いました。

この季節にピッタリの「ハロウィン」の曲でトライ!

Knock knock, / I'm a ghost.  / Trick or treat?
(タン タン) / (タタ タン) /(タン タ ター)

この3つのフレーズをとりあげて、何回かリズム打ちをした後、
曲の中でリズム打ち。
みんな、興味津々! 元気に歌いながら、リズム打ちを楽しみました。

欧米の行事「ハロウィン」も、異国の言語「英語」も、
現代の子ども達にとって、“身近でありながら新鮮”な感触が
とても良かったようです。

今度は、どの曲を使わせていただこうかな?と、ページをめくっています。

(リトミック・ピアノ講師 Junko )

◎『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』I Can’t Wait/まちどおしいな 制作話2       2012.12.10

I Can’t Wait/まちどおしいなは、
「もうすぐお正月だね」「I can’t wait!(まちどおしいな!)」と手拍子を入れて歌い、
「On New Year's Day, What do you do?(お正月に 何をする?)」という質問に、英語で答える歌です。
巻末には、「おもちを食べるよ」「たこをあげるよ」など、
英語とイラストで表したカードがついています。
そのカードを利用して、歌に合わせて英語で答えられるようにしました。

うまく言わなきゃ!など、プレッシャーを感じる子どももいると思いますが、
慣れないうちは、ゆっくりで大丈夫です。
早く言えるようになってきたら、音楽に合わせて答えましょう。
また、お正月の部分には、学校で行われるイベントの名前や、
季節の行事を入れて歌うことで
低学年の子どもたちでも、イベントの名前を覚えて楽しめます。

運動会の練習や、クリスマス会の準備がはじまる時期にあわせて
うきうきした気持ちを高めて、みんなで歌ってみましょう。
CDには、「お正月」の他に、「夏休み」「運動会」「クリスマス」が収録されています。

(田村朋子)

◎『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』I Can’t Wait/まちどおしいな 制作話1     2012.10.10

『歌おう 遊ぼう 小学校英語アクティビティ』を制作するにあたり、
作曲担当の坂本真理子先生と一緒に
「日本の文化を紹介する歌」「学校行事で歌える歌」「季節を感じられる歌」を
テーマに制作しようと考えました。
そのひとつが I Can’t Wait/まちどおしいなです。

日本のこどもたちが普段していることを、
歌の中で英語で言えるような活動にしたい。
自国の文化を理解し、歌の中のインタビューを通して、
日本文化を紹介する活動にしたい。
という気持ちを込めて作成しました。

お正月など、毎年何をして過ごしているかな?
と考えることにより、日本の文化を見つめ直したり、
他の国の人たちに、自分の言葉で発信していけるようになることを願っています。
次回はこの曲について 詳しくお話します。

(田村朋子)